FC2ブログ

AMD akirax modeling dept.

キャラモノ中心の模型製作blog。 GTM,MHとMSが多め。

GTMデモール・ゼロとFXA-08GBコアファイター





190917ddf03

GTM SBB-00デモール・ゼロ


星団歴3035年
コーネラ帝国が開発を進めているGTM。
MH設定におけるKAN:カナルコード・エリア・ナイン(E-9)

ガステン・コーターの残した設計思想を引き継いだバルター・ヒュードラーが
ユーゴ・マウザーおよびギルフィー・ビリディンの協力を得て完成に漕ぎつけた。
エトラムル・ファティマの搭載を基本とするGTMであり、
騎士の思考を伝達するコンバーターを追加しているのが特徴。
戦場での情報収集および僚騎との情報リンクを行う2本の測定管が頭部に付く。
形式名「SBB」はStarless and Bible Black(スターレス・アンド・バイブルブラック)の略語。
搭乗騎士はコーラス王朝バランカ家王子 現コーネラ帝国エレクトロナイツ
騎士団長マヨール・レイベンハイト。


15巻掲載予定新規出撃シーンをカラーでNT誌表紙イラスト化!
宇宙世紀系箱型ロボットが一気に陳腐化する格好良さ。

痺れた。



てことで
GTM立体物に触れるまであと少し。

それまでは現行課題
宇宙世紀系機動兵器
カトキデザインの最高峰:MSA-0011を進行しよう。




190917ddf01

FXA-08GBコアファイター:通称Gコア


2003年MG版発売以来、何度目かの
Sガン版コアファイター 完成。
2019年、双胴エンジンブロックが新規パーツ化。


困ったことに
同機機首パーツに施されたパネルラインより綺麗なモールドは
ガンプラに於いて存在しない。
よって墨入れが綺麗に決まる。
ガンプラ金型のオーパーツ。
おそらく担当された金型職人の神業。どこへ行ったモノづくりの技術継承…


190917ddf02

カトキ氏が
RX-78用コアファイターの長所を活かし
MSZ-010用コアファイターの短所を改善すべくデザインした
MSA-0011用Gコアは機能的で美しい。

よく考えたら
綺麗なセンチネルブルーで仕上げたのは初。
塗料品質向上のおかげ。



190917ddf04

文字設定どおり
ただブースターを連結しただけのコアブースターが整う。
マーキングも完了。

センチネル功績のひとつとして
デカールワークをデザイン要素の一部に引き上げたことが挙げられる。
今回はブースター側面に英字+数字でデザイン構成。
スッキリ決まってコレも綺麗に整った。


まもなく完成。


つづく。

0511qb04

「台無し」回避に「台座」は必須:その由来





折角しっかり準備したのに台風襲来だなんて
結婚式が台無しだよ!

台風上陸のせいで田んぼの米が全滅、台無しだ!




とか。
天候理由以外には
苦労が水泡に帰す事態は現実にはそうそうないが
模型展示の場では実はよくある。





台無し:

意味
物事がすっかりだめになること。また、そのさま。


台無しの由来・語源
「台」とは、仏像の蓮の台座である蓮座のこと。
これがないと、せっかくの仏像も威厳がなくなることから
台無しは面目を失うことや、形をなさないことを意味するようになった。



190909dm2

丹精込めて作った作品のはずなのに
台座を用意しないでそのまま机上に設置?

折角の作品が「台無し」ですよ?
ベテランの域にあるサークル、卓でも以外に多い「台無し」。
何故?超勿体ない。



190909dm3


てことで
バング&黒騎士にはアクリルプレート
デュナメスにはアクリルフォトフレーム流用で台座を用意する。



190909dm1

現状台紙は2017年時ルプスレクス用のまま。
無論、入れ替える。

「台無し」回避のためには「台座」は必須。
料理を皿なしで提供するようなものだ。
ありえない。

逆にちゃんとした皿で提供すれば
そこそこのお味の料理でも美味しそうに見える。


HJ誌主催コンテスト「オラザク」が台座軽視
B社主宰コンテスト「GBWC」が異常なまでの台座重視
と対極になってるのが面白い。


つづく。

0511qb04

MS-14JPlusゲルググ・ウェルテクス登場!と切断のエース顕現





北海道で受けた刺激を製作に昇華したい衝動の中
先日開示されたジョニーライデン用新型ゲルググ
デザイン画稿を確認。

190905vrx01

MS-14JPlusゲルググ・ウェルテクス




嗚呼、すぐ作りたい。


190905vrx02

大阪モデフェス用機体 MS-14B2高機動型ゲルググ
こいつを改装しようか…?

190905vrx03


ダメだろ。。
これはコレとして
シナンジュに繋がるバックパック装備案として維持。

ウェルテクスは
MGリゲルグ発売ののち、
プレバンで開発発売されるだろうから、その時に。




代わりに
競作展示用FRSエースを改修。
北海道HME見学後 直ぐに一晩で決着させた
両腕をライトセイバーに換装した
「切断のエース」 完成。

190905vrx04


「どろろ」百鬼丸からインスパイア。


190905vrx05


つづく。

0511qb04

北の国からセンチネル2205新たなる旅立ち






北の魔人:センチネルのMa人
超絶モデラーMaさんブースを拝見。

2019hmema02

作品、展示構成、演出すべてがお洒落。洗練されたセンス。




2019hmema01

アンドロメダ5番艦も(祝 2205製作発表!)

2019hmema04

2019hmema05

2019hmema11


2019hmema08


2019hmema09

スターデストロイヤーも完成している速さ、上手さ。
感服いたしました。



2019hmema06

2019hmema07


303Eも完成 2機目。。


2019hmema10



静岡よりも学ぶことが多かった気がする。
ありがとう、北海道。
また来よう。



つづく。

0511qb04

HME2019拝観:果てしない大空と広い大地の恩恵を模型とラーメンで






190831hme00

昔、知り合いに
「ラーメンを食べるためだけにふらっと札幌に行く」
酔狂な方がいて、贅沢なことだなぁと羨ましかったことを覚えている。


そんな自分もとうとうそんな酔狂の域に至ったのか。
ふと思いたち、行ってきました北の大地。




190831hme15

HME2019 今回のベストショット
GTMカーバーゲン



190831hme01

沖縄にはほぼ模型文化がないのは有名だが
イギリスやドイツと同様、北国では隆盛を誇る。
北海道模型文化の中心がHMEだ。



細密、精密な作品が多い。
大胆かつ塗膜も綺麗だ。
湿度が低いから塗装もしやすいのだろうと推察。

塗装環境、大事。




てことでそれはそれは見事な作品、多数。
流石、本場の違いを実感。
まさに百聞は一見に如かず。



190831hme02

MG誌投稿作品で拝見した
バッハトマ騎士ブーフと剣聖デイモス・ハイアラキ。

190831hme03


190831hme06

そして、剣聖騎デムザンバラ!

190831hme05

190831hme07


静岡で拝見したBPM180氏GTMハイレオンに続く
GTMスクラッチ完成品を拝見、感動。
デザインを正しく追うとボークスのカイゼリンと同様に
立体品は身長30㎝を超えることとなるのを実感。

190831hme17



190831hme04

MHも
ガストテンプル


190831hme08

190831hme09

エンプレス



190831hme10

破烈の人形



190831hme13

LEDミラージュ

190831hme12

190831hme16


塗装の美しさが圧倒的。
北海道産作品と他地方作品との塗膜差異が認識できるほど。



低温低湿度環境が羨ましいかぎり。
その分、冬は無茶苦茶寒いのだが。。

この気候要件が模型とラーメンのうまさにつながる。




190831hme14

1/220ヤクトミラージュと格闘している方も。
ウチも頑張ろ。




つづく。

0511qb04