AMD akirax modeling dept.

キャラモノ中心の模型製作blog。 愉しいミキシングモデリング推奨中&製作コックピットリビルド中。

阿修羅寺建立その参:腕部連結の妙と野菜が美味しかった季節について








振り返れば
この頃が一番よかったよ。





監督不行届き。
組織が大きくなればすべてを掌握するのは難しい。






では 手許でしっかり掌握できる
阿修羅 進捗。




170619vb1

流石
昔のキットなのですべての関節がフリーポーズ接続使用。
どうとでも取り付けできる自由度の高い形状なため
ちっと気を抜くととってもだらしないポージングになってしまう
腕部。



170619vb2

更にそれを複雑化するのが
微妙にちゃんと調整しないとうまく設置できない
副腕基部。


170619vb3

MHは肩を掴まれると
腕を振るうことができないらしいが、
アシュラ自体、こんな大掛かりな装備を肩に担いでたら
キミの腕が動かんだろう・・・?



170619vb4

さらにGTMでいうアイドラフライヤー 設置。





無事取り付け完了。



170619vb5

どどん!と
大迫力の体躯顕現。


170619vb6

ようやく八合目まで登頂した気分。
次回、副腕を乗せて遂に完成予定。





170619vb7

センチネルは。
両肩刻んで幅増し 完了。
(進捗なし。。)

つづく。



FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援お願いします。


0511qb04


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ジョーカー星団 |

阿修羅寺建立その弐:腰部多重装甲取り付けとセンチネル再開





170612as6

阿修羅 進捗。






流石
昔のキットなので今なら勘合でしっかり取り付け位置、角度指定
であろうパーツがどうとでも取り付けできる自由度の高い形状なため
ちっと気を抜くとだらしない位置関係になってしまう
腰部多重装甲パーツ。


170611fb1

無事取り付け完了。
下半身屹立 その弐。

170611fb2

太腿とか
しっかり磨いたり塗ったりしなくても良かったのに。
は言うだけ野暮。
見えない処もしっかり仕上げてこその模型道。



結果、

170611fb3

どどん!と
大迫力の体躯顕現。



楽しい。
次はいよいよ頂上へ。
より位置関係に気を使う 腕部&副腕。



170611fb4

そして2017本題:センチネル再開。


これを

170611fb5

今年初めに入手した
1/100最新ヘッドに換装。


ひたすら手間のかかる頭部改修が
ポン付けで完了。
素晴らしい。



そして遂に難関の
肩ブロック改修に着手。
デザイン画稿に比し2周りほど小さいため

170611fb6

・軸位置を避けて変則的にカット。
・切断位置で各3mm幅幅増し。



170611fb7

次は下半身改修続行に
つづく。



FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援お願いします。


0511qb04


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

宇宙世紀 |

阿修羅寺建立:朱色塗布と細部塗り分け






170612as1


ピンクサフで下地塗装を行ったのち、
一部白塗装+パール層重ね
 →白部マスキング
  →朱色本塗装


乾燥後、マスキング除去し細部塗装。

梅雨入り前に基本塗装が終わってよかった。。






MHは
キャラシートでは単色塗装指定が多いが
コミック本編での各コマ描写やクローズアップイラストなどをよく見ると
細部色、質感表現が違う部位が多く読み取れるため、
奥まった部位:メカ色
リベット:シルバー系
等を細かく塗り分ける。




下半身屹立。

170612as2

1992当時
従来のナガノデザインにはなかった有機的かつ
重量感のある形状が秀逸。


170612as3

奥まった部分に暗色を置くことで
隙間から内部メカが覗くような印象となり、
よりメカニック感が増すこととなる。



170612as4

これに準じ
頭部/胸部も塗り分け。
額の紋章も細部塗装。

170612as5

誰が見ても一目瞭然な 悪役面相。
迫力。






170612as6

てことで全身屹立。
順調。


次は微妙に難度が高い腰周り装甲取り付けを。
つづく。


FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援お願いします。


0511qb04


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ジョーカー星団 |

再開するなら景気の良いときに;アシュラとハミング、あとアレも。







6月初 最大イベントを乗り切った!

がんばった オレ。


170605hn5

来週には大某茄子も入るので さあ遊ぼう。

美味しいものを頂き 美味しい酒も。






170606as6

で、ようやく悩んでいた「赤」の色味が決まったので
アシュラテンプル塗装 再開。
ちょっと「和」な風味に。




170605hn3

それが終わったら今年の本題
「センチネル」再開します。




17060606ht

そして祝 再開!

17060606os

FSSは休載しないし、懐は潤ったし
2017年は良い年だ。


FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援お願いします。


0511qb04


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ジョーカー星団 |

天照家大型駆逐MH:爪先立ちで自立する驚愕バランス








ストーリーストア直販
1/220ヤクトミラージュ 組み立て開始。





170515ym1

凄い。


極上のプロポーションを持ちながら
手荒く扱うことを決して許さない乙女、
まさにヴァージンMH。


超美形を口説いて
ベッドに入ってから実は処女だった
という事態に遭遇した心境。



さて、一大事だ。





170524ym

01:パーツ段階
  どのパーツもあまりのシャープエッジで
  持つだけでちくちく痛い程。


170525ym

02:胴体~脚部組み上げ。
  ピンヒールでトップヘビーなデザインから
  自立は難しいだろう、支持台どうしよう・・・

  と思ってたら なんと。

  踵パーツなしで爪先立ち自立!

  
  立ったよ!

  谷明原型の恐ろしさに鳥肌。





170528ym1

03:あまりに繊細なディテール、極小パーツ攻略の為
  遂にスイス・バローベ社精密ヤスリを投入。

  これでネイキッドパーツ整面に挑む。




170528ym2

04:米粒より小さいヤクトフェイスパーツ
  バローベ導入により整面完了。
  地獄の側頭部マニホールド組み付け完了。




170528ym3

05:無事、複雑怪奇な肩~腕部パーツ連結
  美しい。嘆息。




170528ym4

06:四肢揃い、屹立。
  この段階でも見事なバランスで
  本編初登場時のごとく、

  「じょ、冗談だろ・・・」


  爪先立ちで自立。まぢか・・・



170528ym5

07:象牙色且つ奇跡のバランスで自立する姿が美しいので
  オブジェとしてショーケース設置。
  しばらく寝かす。




ここまで事故なく、超堪能。
どん兵衛をつまんでちょいと一服して。



アシュラテンプル塗装に回帰。

つづく。


FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援お願いします。


0511qb04




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ジョーカー星団 |
| HOME | NEXT