fc2ブログ

AMD akirax modeling dept.

キャラモノ中心の模型製作blog。 GTM,MHとMSが多め。

検証:GTMに至るデザイン変遷の道1986-2022





自室リビングのコレクション棚

220622gtgm3

MH、GTM各騎が並んでいる。
1986-2022
36年を超えるデザインの変遷。

GTM、MHを平行して製作していると
創造主のデザイン思考を追体験してしまうので試しに言語化してみる。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


創造主:永野護氏はずーっとリアル巨大ロボットの姿を追い求める変わった方だ。
原初は鉄腕アトム、鉄人28号に端を発する日本におけるロボットデザイン。
どんな「カタチ」であれば有用かつ現実的か。

追求の結果、自身が描く壮大なおとぎ話
「FSS」に登場する巨大ロボット、モータヘッド(MH)を生み出す。

「Z」途中降板
「ZZ」降板
「逆襲のシャア」降板、とメジャー世界からの退場を余儀なくされより先鋭化していくMHデザイン。

ガンダムはクソ。
俺のロボ、最強!

そんな彼が、5話「魔導大戦」描写でMHデザインに疑念を持つ。
このデザイン、実戦では役不足ぢゃね…?

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


まず
4話までの戦闘描写で生身では装備していない盾をMH戦で装備するのは、変!
てことでそれまで大半のMHが装備していた大盾が5話時点でほとんど無くなる。

220622gtm4

5話魔導大戦で登場したサイレンA型。
左手に小ぶりな盾を装備。
より実戦的なスタイルになった、といえるが
このデザインで大戦に突入した結果、なんと氏の筆が止まる。

そこでの彼の苦悩、思考は流石に判らないが
悩んだ結果が大戦冒頭のフィルモアvsメヨーヨ集団戦描写であり

長い休載期間を経て
新たに実戦にふさわしく合理的なデザインと戦闘描写、として発表されたのが

映画「ゴティックメード」
FSS本編再開後の「ベラ攻防戦」だ。

ではMHデザイン及びGTMデザイン細部を見つつどこがどうなったのか。
騎士の動きを再現し戦うMH、ヒト型を模した体型に装甲を纏った姿は大変勇ましいが
自在に動くにはいろいろ不都合がある。
特に大きな肩ブロックは剣を振るう肩回りの可動を阻害し、邪魔だ!しかも左右の視界を塞いで超不便!

てことでGTMデザインではこうした。

まず
大きな変更点として「ツインスイング関節」の導入
繊細多数なパーツ集合体のMH関節は脆弱すぎるため巨大頑丈な関節に変換
これで壊れないぞ!えっへん。

そのうえで
肩:マイティシリーズのような装甲プレート化
  可動に支障ない小さなパーツに変更

首:MHでは短く剥き出しだった首はほぼ動かなかったが
  GTMではぐっと伸びて装甲を纏い自由度&防御を高めた

腕:剣を自在に振るうためヒト型と大きく構造を変更
  多重関節化し自由に振り回せる!
  繊細なMH手首からゴツく頑丈なGTM手首へ
  これでぶん殴っても壊れないw

胸:大きく前に張り出した形状が多かったMH
  剣を振るうのにとても邪魔なので小型化

胴:蛇腹装甲で自在に動くようしてたが
  装甲が邪魔で自由度が低いMHから
  ほぼ3倍の長さにしてグイングイン動きそうに変更!

脚:強力な剣戟のため強靭な踏み込みを行うよう
  昆虫のようなバネ力を実現する長く細い脛を実装
  足首、太腿はMHから変更なし

てことで出来上がったGTMデザインは
ヒト体型からちょっと外れた昆虫に近い要素を取り入れつつ
剣を振るう戦闘行動に適した形態に変化。

220622gtm2


カッコよく受け入れられているMHデザインを捨て
拒否反応をされることも分かっていながら新しいデザイン:GTMを送り出す胆力。

凄いなー

そもそも従来の戦闘兵器を凌駕するヒト型巨大ロボット兵器という存在自体が
リアルから遠いので合理性も有用性もあったものではないのだが
それに真剣に向き合い、デザインを生み出す行為は稀有、非凡だ。。

そして自分はただ淡々と
最新デザイン&クラシックデザインを立体品製作を愉しもう。
2012年GTM開示後、ベラ戦後はまったく休みなく
連載を継続してくれる作者に惜しみなく賛辞と感謝を。

ありがとうございます。。

220622gtm1

そしてどうか
GTM最強デザイン
HSGK版ZAP、抽選当りますように。。。


つづく

0511qb04

割り勘でいいか、ウルトラマン?可否判断と効率化について




「シン・ウルトラマン」4DX版観劇完了

220614sdf1


メフィラス:山本耕史氏の好演がやはり素晴らしい

今回の脚本上、物語の悪役は彼が担うわけで映画全体の成否にかかわる重要な役割。
期待に応え、見事な演技。


それに比べて
シン・ゴジラからの橋渡しとしても重要な立ち位置なのに
なんとも残念な演技と言わざるを得ない、竹ノ内さん。

撮影現場でも大御所過ぎてダメ出しできなかったのかなー
重要なコトを言ってるのに、台詞が聞き取れない!
字幕が欲しいくらいだ。
4DXの良質な音響でも駄目だった。。

「締結は完了した。お願いする。」
「田村に上手く質に取られたな、と言う状況なのだが?ミスターメフィラス?」


神は細部に宿る。
その場その時の可否判断は重要。

細部への細かい配慮、意図が多々あり
何回観ても新たな発見があり面白いのだが唯一「政府の男」の演技だけが残念だ。。
台詞だけでも再録してほしい

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

220614sdf5

細部への配慮、作り込みが素晴らしいのが今製作中の「HSGK サイレンA型」
原型師:平井氏の見事な仕事に感嘆しきり。
購入可否判断、正解だったな!
機会があらば、おかわりしよう。

220614sdf2

そして技術の熟成が込められた電動ツール
「アルティマ7」にも感動
ガレキ製作の面倒な部分:太いゲート処理に最適。

電動歯ブラシを初めて導入した感動に近い
あっ!という間に綺麗に整形!してくれる

導入購入を決めた可否判断、正解だったな!

220614sdf6

この勢いで
2022年今夏最新エピソード「緋色の雫」が完結するまでに
サイレン各種を揃えよう

220614sdf3

220614sdf4

つづく

0511qb04

最新ガンダム映画「ククルス・ドアンの島」観劇





そのうち観よう、と思ってたのだが
公開初日6/3仕事完了時間でレイトショーに間に合ったので
ご近所映画館へ夜散歩

徒歩10分圏内に映画館がある環境に感謝

20220606gg2

TVシリーズ内1エピソードを膨らませて製作した今回の一篇。
メカ描写、作画素晴らしい。
流石にお金がかかってる良質な一作

史実整合性とか、うるさいことは言わん。
いろんな作品、解釈があってもよいと思う。
TV版、映画版、コミック版、オリジン版。


それでも一か所だけどうしても公式である分、

「困ったな、、」

という部分があって。

20220606gg3


以下、ネタバレです


0511qb04


仮説シン・ウルトラ三部作:2025MAT誕生




220522utm1

2022年5月公開
「シン・ウルトラマン」を3回観た結果
以下、個人的妄想案件


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\



外星人1号の来訪
外星人0号及び2号の地球侵略行為により
地球人が生体兵器素材としての有用性が露見してしまい、
様々な地球外知的生命体による侵略からの防衛が必要になった時代。


外星人1号:ウルトラマンがもたらした情報により強制的に科学技術が進歩
国連直属の特務機関:MATが創設され地球防衛に当ることとなった。


ゾーフィから引き継ぎ地球圏監視の任についた「彼」は
禍威獣タッコングの襲来に際し命を顧みず他者を救う青年に会い
地球を守る「新たなウルトラマン」となる選択をする。

220522utm3

多種多様な外星人、禍威獣との壮絶な戦いを描く
「続:シン・ウルトラマン」


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


外星人6号までの侵略による地球滅亡の危機を
新たなウルトラマンとの共闘により回避した未来の地球。

星間侵略戦争に晒され、更なる自衛が必要となり国連はMATを解体、
「UDF:ウルトラ警備隊」を創設し積極的な防衛行動が行われるなか、
より強力な戦闘力をもつ戦士が地球防衛のため光の星から遣わされる。

外星人7号:ウルトラセブン

220522utm5

狡猾な侵略外星人と地球を巡る激烈な攻防戦!
「シン・ウルトラセブン」

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


庵野版ウルトラマンは三部作であることがすでに明らかになっている。
第一作「シン・ウルトラマン」が興行的成功を収めることが明確になったので
第二作、第三作製作決定は間違いないだろう。



序破急:エヴァでも用いられた作劇構成。
今回のシン・ウルトラシリーズでも同様の構成を想定していると思われる。
そして具現化する際に旧来のウルトラファンが思い描くリファイン
作品順番の並べ替え:物語世界での時系列最適化を行うわけだ。


実際の製作順は
1966:「ウルトラマン」
1967:「ウルトラセブン」
1971:「帰ってきたウルトラマン」
であるが、当初は明確な連続性を想起していなかったため
「ウルトラマン」~「ウルトラセブン」の連続性は作中表現がない。
別の物語としていた。

「帰ってきた~」では一作目「ウルトラマン」その後の物語であることが明示され
「ウルトラシリーズ」製作の萌芽となっているが
「ウルトラセブン」の物語が時系列的に「浮く」こととなる。

「ウルトラマンA」では過去作のウルトラマンは
「ウルトラ兄弟」として後付け設定化、その中にウルトラセブンも組み入れられ
結果、ウルトラファンのなかでは時系列は
「ウルトラマン」
「帰ってきたウルトラマン」
「ウルトラセブン」
「ウルトラマンA」
とする認識理解が一般化した、のかな?



庵野氏が一番やりたいのは「帰ってきたウルトラマン」リメイク。
戦闘メカ発進シーン「ワンダバ」がやりたいはず。

それを派手にやりたいがため
一作目では「科特隊」を「禍特対」とし、超兵器群の登場はなく
自衛隊の通常戦力にとどめた。


外星人1号がもたらした科学技術により
マットアロー各機他、超兵器群が実現するMAT、

更に発展したUDF:ウルトラ警備隊のウルトラホーク各機。
この辺りの特撮シーンを超ノリノリで製作する氏が容易に想像できる…




「シン・ウルトラマン」成功により
潤沢な製作予算確保を可能としたことで思う存分やりたい映像が撮れることに。

ようやく邦画製作予算環境がハリウッド大作映画に近いものとできる可能性が。

ぜひこのまま三作成功に導き
色々な問題が山積する日本映画界を刷新してほしい

20522utm4

頼んだぞ、庵野ウルトラマン!

つづく

0511qb04

ヒトの英知と空想創造物の遊び:ZAPと美女と外星人



220516zap04

2022年5月
遂に空想特撮映画「シン・ウルトラマン」公開
ネタバレを忌避したいので早速観てきました


広大な宇宙には数多の生命体が居り、中には虎視眈々と
地球への侵略を企てているモノもいる

SF小説で多く描かれた人類が想起する数々の空想
その一端を昭和中期に分かり易く提示したのがウルトラマン。
その面白さを令和の今、再提示してくれた。


一気通貫.2時間の映画的爽快さ、物語の壮大さはないが
もともと30分のTVプログラム総集編的映画形式も模していると理解。
1話:ウルトラマン登場
2話:外星人ザラブ侵略
3話:外星人メフィラス侵略
4話:さらばウルトラマン

惜しむらくは3話までは素晴らしかったが
4話最強の敵は急に平成時代の駄作リメイクのような様相に
コレが庵野氏のいう「現在の邦画製作環境の限界」か

それでも長年庵野氏が温めていたウルトラマン製作アイディアを
樋口監督はじめ強力なオタク人材が英知を集め製作した映像作品は
知的好奇心を持つ多くの少年少女達に響く作品になってました。

素晴らしい
あと3回は観よう。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\



荒れた環境に嫌気が挿し
ガンダム関係から距離を置いてFSS星団に居を構えて久しく。
その想いも5月GWの4Mnagoya展で一旦ピークを迎えたので
硬いロボット造形から離れて、柔い人型も愛でよう。


220516zap05

Vispo氏による見事な造形「片翼のジシア」が到着。

220516zap06

2007年入手「モルテ」さんと併せ撮影
美女/天使/悪魔/羽根はよく使われるモチーフ

美少女立体造形は「鼻」が省略されることが多いが
Vispo氏の造形はその塩梅が素晴らしい
鼻~口元にかけての立体構成が見事

ロボ模型と違い、なかなか造形/塗装の手が出ない領域のため
今後も後学のため出来のよいフィギュアは触っていこう。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\



と、思いきや早速星団からの誘い
5月10日NT本誌で公開となったZAP
ボークスイベント「ホビーラウンド26」で現物拝観

220516zap02


星団最強のスーパーロボット!

220516zap01

とんでもないレベルの造形物
旧MH設定時代からLED=ZAPは他ロボと格が違う、別次元の存在
と言及されてきたが、まさに実感。

税抜¥168000
税込¥184800 の別次元価格に納得ですわ


2022年8月再びのFSS展開催で第一回受注受付(抽選)
2022年11月発売予定


他、マークⅡ、デモール、IMS SR-1、破烈の人形
とリリース予定 多々。

220516zap03

予算100万円確保済とはいえ
ここからは取捨選択もしていかなければ。作り切れんぞ。

続く

0511qb04