AMD akirax modeling dept.

キャラモノ中心の模型製作blog。 愉しいミキシングモデリング推奨中。

MSA-0011用ブースターパック:強化構造マトリョーシカと三機編成







30年前から知ってるはずなのに
立体物で観るとやはり新鮮だし、驚く。



180606hbc01

念願の中折れ構造式MSA-0011ブースターパックに
更にコンフォーマルパックとプロペラントタンクを取り付けて


180606hbc02

ディープストライカー脚部ブースターユニット
組み上げ。




費用対効果など気にせず
リソースを無制限に追加していく快楽。
20kキット改造に8kキット×2個 投入。


180606hbc03

背面タンク位置に
フルアーマーユニコーン用ブースターを4基接続。


180606hbc04




既存リペイントTOY:MSZ-006C1[Bst]
ハミングバード2機との編隊配列。

180606hbc05



Z-plusハミングバードがMS形態に変形進化したのが
2003年頃なので
15年を経ての願望実現。


これぞ
大人の快楽。


次は背部ブースター設置と大砲搭載。
つづく。



FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援願います。


0511qb04


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

宇宙世紀 |

静岡拝観APPENDIX:0079版ザクの奥深さ





06月になったので
MS-06F2ザクⅡの話など。



静岡展示会で良作HGUC改修MS-06ZAKUⅡを拝見し
改めて再燃したザク熱。
※ZAKU論者kei氏から濃い解説をいただく。
感謝orz



では今一度
原点を振り返ってみよう。
Here,
We GO!


199004khj01

1990年6月開示
センチネル0079掲載
MS-06ZAKUⅡカトキ画稿

「強そうに」「逞しく」リファインされた
0080版ザクFZに対するアンチテーゼ。

元ネタであるSWストームトルーパーと同様
無機質な不気味感を纏いつつ
量産機然としたスタイリッシュさ、
決して「強そう」ではない。
絶妙なバランス。



199004khj02

そのデザイン画と平行して製作された
長谷川ポキチ氏作例

今観ると
大団円78と同様に
画稿とは若干バランスが違うが
当時は圧倒的解像度で皆腰を抜かした作品だった。



そして
0083版画稿から立体化された
MS-06F2ザク。
ストレート組み成形色活し仕上げ。


199004khj04

傑作キットだが
0079版からはかなり細部が簡略化されたため
似て非なる立体物。



199004khj03

そして今回静岡で拝見した作品。
基本体型、各部形状は0083版のままだが
細部ディテールは0079版に細かく変更。

腰部装甲基部
及び腰部装甲噛み合わせ
腰部装甲円形スラスター工作
など。


少ない改造箇所で的確な効果
やはり塗装色調合、及び塗布が綺麗で上手い。


改めて感服しました。
次回はちゃんとお話を伺おう。



そしてウチも再製作しよう。
0079GM後期生産型から再開予定。



つづく。

FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援願います。

0511qb04


宇宙世紀 |

MSA-0011激闘の記録:リアルEx-S&P303E完遂に向けて




180530arx01

最新MG誌:P303E特集 拝読。

愛されてていいなぁ MSA-0011。



1998-1990当時
可変式キット発売など夢だった時代から


2002-2003当時
MGキット発売は夢見た完全変形が手許に届く
驚愕の事件だったのでそれはもう
猿のように製作。



200302msg01d

1作目
MSA-0011
夢の具現化 3機分離合体式
2003年完成

200302msg01c

200302msg01

巨大な頭部は3枚に下して小型化
額は青、胸部に斜めマーキングが
今観ると恥い。



200407msg02c

2作目
MSA-0011[Ext]
こちらもGクルーザー可変式
2004年完成

200407msg02d

200407msg02b

額は白にして
頬のインテークは0.3mmプラ版で置換
製作自体に力尽き、配色に遊びがない。
Gコアのみ現存。



201709msg03b

3作目
MSA-0011[Bst]PLAN503k
やりたかった肩ブロック大型化と
脚部ブースターに換装した
ハミングバード形態
2017年完成

201709msg03c



センチネル30周年機会にコレを完成させ
完結した気分のところに
P303E発売の報。

やらざるを得ないwww



201805msg11

4作目
MSA-0011[Bst]PLAN303E
基本的には設定遵守で製作進行中
4本の増槽タンク換装&カラーリングで遊び
2018年完成予定。



2019年リアルEx-S製作に
つづく。

FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援願います。

0511qb04


テーマ:写真日記 - ジャンル:趣味・実用

宇宙世紀 |

MSA-0011[Bst]P303E: 展示台刷新と増槽置換







静岡でもいくつか完成品を拝見できた
P303Eについて。


おそらく
2014年発売
MSA-0011Bst開発時見渡しの甘さが影響して
格好悪い点が2つある。

・プロペラントタンク
・展示固定台





結構な重量物を設置維持する台座を
プラ成型で賄うため既に不恰好であることに加え
P303Eは大砲が載った結果
元画稿より上を向いた姿勢になってしまった。


2003カトキ画稿verGFF

180520pb2


2018MG見本画像

180520pb3


胸部増加ユニット
上面のライン差がわかりやすいかと。
2018MG版はほぼ水平になってしまっており
静岡展示完成品は概ねやや後ろに体重がかかってしまっていた。

こういう機体は前のめりじゃないと。




180521xc1

てことで
1/220カトキ版ビグザム製作で覚えた
M8ボルト&ナットで保持する方式に変更。
重量物は基礎工事が大事。

展示台ブラックボード 600mm×200mm ¥1000
M8ボルト&ナット 各¥200

P303E側下部に固定するナットに対し
腰部接続ユニットを3度ほど前方へ傾けて接着。



180521xc2

プロペラントタンクは
OJT的に新人にでも設計させたのか?
と思うほど素人臭い形状、スジ彫りの太さ、だらしなさ。

魚肉ソーセージか、ヤル気のない男性自身かのような。。



こういうのは太く逞しく立派なほうが良いのと
近い年代なら共通部材だろ。


180521xc3

てことで
RX-0-FAユニコーンから転用。


180521xc4

接続基部にFA版基部ユニットを埋め込んで。


180521xc5

接続。

180521xc6

格安中古shopでパーツ確保 ¥4000


180521xc7

次は脚部ブースター&タンクへ
つづく。


FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援願います。


0511qb04


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

宇宙世紀 |

MSA-0011最新頭部形状検証:内部競合激化の功罪




今回
ユーザーにはメリットしかなかったワケだが。





まさか1年も経たずに
最新頭部ユニットが更新されるとは。
凄い世になったもんだ。





てことで早速比較。



201709msg03

MSA-0011Ext-Bst PLAN503K用頭部
2017年9月完成
玩菓版


201805msg04

MSA-0011Bst PLAN303E用頭部
2018年5月製作中
最新MG版




静岡開発部門の意地が垣間見える。
各部ディテールも超繊細。
玩菓版より甘かったら笑われるもんね。

恐ろしいのは
こめかみのバルカン砲口と頭頂部左右
メカ色ディテールまでパーツ分割されていること。
超絶金型精度。


なんだよ やればできるじゃんか!




アンテナ周辺の繊細さは流石であるが
フェイス周辺のニュアンスは
玩菓版のほうがカトキ画稿に似ているかな?

まぁ充分マッハの闘いではある。




180508msg05

さて
主砲と頭部が整えば完成したも同然!



・・・とはいえないのがP303Eの恐ろしさ。



頭部だけ商品化したくなる担当者の気持ちもわかる。





静岡ホビーショー視察後
Official髭男dism - ノーダウトをBGMに




胴体と展示台更新に
つづく。


FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援願います。


0511qb04


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

宇宙世紀 |
| HOME | NEXT