FC2ブログ

AMD akirax modeling dept.

Archive

2019年09月 1/1

綺麗なダム脚は好きですか?:Gボマー改0088完成

祝FA-010-A FAZZver.Ka2020年2月発売決定!・非変形フレーム・各部装甲脱着不可・コアファイターすらダミーユニットまで再現したくれたらいいなぁ。来年上期の本命ネタ、決定。てことでMSA-0011には2019年9月で決着。Gボマー改0088 完成。全パーツが揃ったので一旦MS形態で組み上げる。大腿部とニークラッシャーのみ改修。他はキットパーツのまま。Z、ZZではなかった「ダム」があるのも素晴らしい。※ダム=ふくらはぎのくびれ部...

  •  -
  •  -

MSA-0011腰部ビームカノンとMH黒騎士リファイン

森羅万象 すべての事象に意味があるようにデザインにはすべからく意味と意図がある。MSA-0011装備腰部ビームカノンのデザインにも相応の意味が。銃口形状がRX-78用ビームライフルと同じで同ユニットにRX-78用ライフル一丁が内蔵されているに等しいことを表している。2019年4月発売版で形状およびパーツ分割をリニューアル。よりデザインに忠実な形状となった。作品世界は代わって、FSS。MH、HM通じ最古のデザインに含まれる黒騎士...

  •  -
  •  -

コアブースター0088完成と0093アクシズ落とし4DX版

2015年SW-ep7「フォースの覚醒」を4DXで観劇したときミレニアムファルコンでのドックファイトシーンではシート可動がマッチしていたがライトセーバー戦でシートが揺れるのに違和感があった。2018年ガンダム00劇場版4DX上映でガンダム作品と4DX相性の良さを実感。宇宙空間戦演出にピッタリ。そして2019年30年の刻を超えて不朽の名作「逆襲のシャア」が4DX上映!UC.0093地球寒冷化作戦:アクシズ落としを4DXで体感。控え目に言って ...

  •  -
  •  -

GTMデモール・ゼロとFXA-08GBコアファイター

GTM SBB-00デモール・ゼロ星団歴3035年コーネラ帝国が開発を進めているGTM。MH設定におけるKAN:カナルコード・エリア・ナイン(E-9)ガステン・コーターの残した設計思想を引き継いだバルター・ヒュードラーがユーゴ・マウザーおよびギルフィー・ビリディンの協力を得て完成に漕ぎつけた。エトラムル・ファティマの搭載を基本とするGTMであり、騎士の思考を伝達するコンバーターを追加しているのが特徴。戦場での情報収集および僚...

  •  -
  •  -

「台無し」回避に「台座」は必須:その由来

折角しっかり準備したのに台風襲来だなんて結婚式が台無しだよ!台風上陸のせいで田んぼの米が全滅、台無しだ!とか。天候理由以外には苦労が水泡に帰す事態は現実にはそうそうないが模型展示の場では実はよくある。台無し:意味物事がすっかりだめになること。また、そのさま。台無しの由来・語源「台」とは、仏像の蓮の台座である蓮座のこと。これがないと、せっかくの仏像も威厳がなくなることから台無しは面目を失うことや、形...

  •  -
  •  -

MS-14JPlusゲルググ・ウェルテクス登場!と切断のエース顕現

北海道で受けた刺激を製作に昇華したい衝動の中先日開示されたジョニーライデン用新型ゲルググデザイン画稿を確認。MS-14JPlusゲルググ・ウェルテクス嗚呼、すぐ作りたい。大阪モデフェス用機体 MS-14B2高機動型ゲルググこいつを改装しようか…?ダメだろ。。これはコレとしてシナンジュに繋がるバックパック装備案として維持。ウェルテクスはMGリゲルグ発売ののち、プレバンで開発発売されるだろうから、その時に。代わりに競作展...

  •  -
  •  -

北の国からセンチネル2205新たなる旅立ち

北の魔人:センチネルのMa人超絶モデラーMaさんブースを拝見。作品、展示構成、演出すべてがお洒落。洗練されたセンス。アンドロメダ5番艦も(祝 2205製作発表!)スターデストロイヤーも完成している速さ、上手さ。感服いたしました。303Eも完成 2機目。。静岡よりも学ぶことが多かった気がする。ありがとう、北海道。また来よう。つづく。...

  •  -
  •  -

HME2019拝観:果てしない大空と広い大地の恩恵を模型とラーメンで

昔、知り合いに「ラーメンを食べるためだけにふらっと札幌に行く」酔狂な方がいて、贅沢なことだなぁと羨ましかったことを覚えている。そんな自分もとうとうそんな酔狂の域に至ったのか。ふと思いたち、行ってきました北の大地。HME2019 今回のベストショットGTMカーバーゲン沖縄にはほぼ模型文化がないのは有名だがイギリスやドイツと同様、北国では隆盛を誇る。北海道模型文化の中心がHMEだ。細密、精密な作品が多い。大胆かつ...

  •  -
  •  -