FC2ブログ

恐怖!機動ビグ・ザム:ソロモン攻略戦プレート






2017年現在。
あと何個 未組み立てで現存しているのか
判じることはできないが、書き記しておこう。
巨大MAの調理法。






毎年春恒例:河川敷でのBBQにて。


170512bz01

今年はカニを焼いたのだが
食べるのを忘れた・・・



てことで
遂にストックしていた超貴重品を開封。

◆GONG亀坂氏謹製1/220MA-08ビグ・ザム



170512bz02

甲羅下面。
細かいディテールが食欲をそそる。




170512bz05

爪の整面。
しっかり仕上げると精密感が増す。


170512bz06

爪裏面。
スジ彫りモールドを深く濃く刻む。



170512bz08

5本の爪を定位置へ。



170512bz07

脚2本。
きっちり身が詰まっているので重い。




170512bz09

先ほどの甲羅下面に結合。
なかなかに奇妙なシルエット。犬神家…




170512bz03

甲羅上面。

身がぎっちり詰まっていて重過ぎるので
強度的に問題ない範囲で肉抜きを行う。


170512bz04

甲羅左右も同様に下処理。
電動ドリルでガシガシ穴を開ける。
貫通しないよう注意。



170512bz14

ここが肝。
重心位置に穴を掘りM8六角ナットを埋め込み。
その際、機体が水平面に対しやや前のめりになるよう
3度ほど角度をつけ固定。

170512bz13




甲羅上下を合体すれば


170512bz12

伝説のMA-08ビグ・ザムver.Ka組上がり!です(感涙

やや前のめりにすることと
脚を力強くガバッと開くのがポイント。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\




恐らく多分
入手したのは1993年JAF-CONだったと思う。



そこから現在まで・・・24年!
マジか!!


寝かしたなー



170512bz11

3Dデジタル造型環境のようなものがまったくない
手作業による造詣でどうしてこんな芸術品ができるのだろう。


まさにオーパーツ。
天才の御業。




1/220ヤクトミラージュをやるならば
コレを先にやならねばならんだろ。



てことで重い腰を挙げた次第。





最大の難関(と思っていた)
超重量を支える台座に関しては
某東急ハンズ金属パーツ売場で捜索した結果、

径M8規程のボルト&ナットでいけることが判明したので
そのように。



難題だと思っていたことは
真剣に考え、実行すると意外と簡単に解決してしまうものだ。







2015年
1/35RX-78-2ver.Kaを完成させたのに続き

センチネル真のラスボスである
1/220MA-08ビグ・ザムにケリを付ける。

170512bz10

2017年
なんと幸せな模型師人生か。



象牙色がオブジェとして丁度良いので
しばらくこのままセンチネル最終回号と共に設置。寝かす。

カラーリング検討へ。



次回は 静岡視察を終えてから。


0428tgr07

つづきはこんどだよっ!





FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援お願いします。


0511qb04