FC2ブログ

P303Eデザイン解析と具現化:密度感と展示イメージ





さて
佳境となってきた
MSA-0011[Bst]PLAN303E


例え本物がなくとも
制作したい対象物を突き詰めてゆけば
おのずと具現化したいビジョンが見えてくる。





てことで
オリジナル画稿と

180718gbn1


180718gbn2

及びセンチネル原初作例をしっかり観察解析。
あれ、結構配色違うのね。
左腕マルチセンサー、主砲基部等。




180718gbn3

ブースター偏向プレート 整面。
先端2箇所の突起ディテールが実感に乏しいので削除。
面出しをしっかり行う。



そして少し遊んでみる。

元イラストがそうなので仕方ないのだが
ランディングギア出しっぱなしはダラシナイ。

現代戦闘機でも離陸後はすぐに仕舞う大事な部位だ。



展示イメージがハミングバードとの編隊飛行状態なので
ランディングギアは仕舞ったほうがソレらしい。

180718gbn4

180718gbn5

てことで折角の繊細パーツを
切り刻んで収納。

180718gbn6



背部ブースターも組み上げたので
遂に大砲を搭載。

180718gbn7


180718gbn8

Z-plusハミングバード二機をチェイサー機として伴う
3機小隊 突撃仕様。


180718gbn9

台座全長600mmを用意したので
長大な砲身先端もはみ出さない。

比較で置いてみた1/100 RX-78-2の小ささ。。



東京2018酷暑から回避しつつ
両腕構築へ。

つづく。

FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援願います。

0511qb04