FC2ブログ

脱がすのって楽しい:脱がすために着せるハナシ





200218fg06

これぞ趣味遊びの醍醐味。
2020年2月15日。
待ちかねていた模型師が一斉にMG:FAZZを入手。製作開始。
無論自分も参戦ですが、FA-78-1を完成させてから。




てことで
ガンプラは自由だが、現実世界と同様
・いつどこでなんのために製造された機体か
・いつどこでどんな風に運用されたか
を考えて製作するほうがずっと楽しい。




FA-78-1製作に関するいくつかの事前考察

そもそもの設定:
  賢明なる模型師にとっては常識であろうが
  まずFA-78-1は本編登場機体ではなく、MSV企画の産物だ。
  設定では「ペーパープランで、実機は製造されていない」との記述が主。
  ゲームや漫画外伝では一年戦争で実戦投入されたお話も多いが
  ウチでは前者を採用とする。

  一年戦争時にフルアーマーガンダムは存在しない。


脱げる?脱げない?
  FAZZは「脱げない」ことが設定上の売りだったが
  今回のver.Kaも商品バリューとして当然、脱げる。

200218fg05

  フルアーマーガンダムの戦闘描写は
  コミック「サンダーボルト」単行本1-3巻でのものが秀逸。
  ブースター、武装は使用済の装備から順にパージ。
  最終的にはすべての増加パーツを脱ぎ、素のRX-78に。
  更にコアファイターでの脱出機能も有する。

  てことで一応、脱げるようにしておこう。


ではどんな機体設定にする?
  UC0088のFAZZと同様、実証試験機にしよう。

  UC0085 FSSにて
  ペーパープランだったFA-78-1を実際に建造し
  RX-78に対するFSWS計画の有用性を検証するための機体。
   FSWS計画:Full-armour System and Weapon System"

  だったのだが、開発スタッフの悪ノリにより
  計画の再現性よりRX-78の性能向上に重きを置いた改修機になってしまった。

  一年戦争当時に実現していたら「最強のガンダム」
  だったはずの機体を具現化



現状:
  で、このようになりました。

200218fg03
  


200218fg08

  右腕ビームカノン
  二連装長砲身に標準型2門も加え大型化。


200218fg09

  左腕防盾
  新素材の分厚い防盾を装備。
  折りたたみ式ヒートナイフも備える。

200218fg07



  ランドセルを刷新、スラスター4発式に。
  ロケット砲に加え5号機で試験運用されたガトリング砲も装備。
  脚部中心にスラスターを追加。
  重量増加を補う機動力を確保。

200218fg04

武装テンコ盛りのバックビューが超楽しい。
ちゃんと考えて作るミキシング模型、超楽しー


つづく。

0511qb04