FC2ブログ

現実化05:ジェネレータ & ガトリング








今回の製作ブツは
たまさか 会場で見てくれた中二男子が
             (厨二のココロを持つ大人含む)


「カッコいい!
    欲しい!

    え、こんなキット ないの?
           なら オレも作っちゃえ!!」


と思ってくれることを狙って
厨二成分を大目に盛ってみた。。










00929hb333



06:機首部ジェネレータ

  少し「ゴチャメカ」感が欲しくなったので
  機首ブロックの隙間にメカパーツを積み込む。

  
  ジャンクboxを漁った結果、
  MGゲルググver2.0 のフレームパーツを嵌め込んだ。

  ぴったり。






0929hb331

0929hb332


07:ガトリング装備


  リゼル脚部側面に
  ビームガトリングを2対4本 装備。

  Iフィールドシールドは
  ブースター部防御のため後方に付けていたが、
  ジュピターゴーストmtgで
  定位置のほうが良い、との指摘で
  ガトリング基部に接続位置変更。






フルスクラッチは
まったく「0」からスタートして立体構築するのが
楽しみの醍醐味であろうが、とっても大変。




ミキシングビルドは
既にあるパーツ群を寄せ集めて
本来の姿とは違うカタチを構築していくのが愉しいトコロ。
大変度合いは … スクラッチに比しては
多分 1/10くらいか??





2011年現在、
MGシリーズは様々に流用・活用できるパーツ素材が多く、
同製作法には適したシリーズとなってきた。


そんなミキシングビルドのケーススタディとして挑んだ今回のブツには
もうひとつ制約を課している。




・プラ板の不使用
・エポパテだけで接続ブロック構築






初心者にとってハードルが高く見える技法が
モデラーにとっては初級技術だと思われてる 「プラ板工作」。


工作技術の基礎ではあるんだが、
最近はキットパーツの解像度が高いので
安易に箱組みパーツを付けると
「取って付けた感」満載になる。



なので もし
うちのユニコーンを見て「格好良い! 欲しい!!」
と思ってくれた子がいて、
同じものを創りたいと思ってくれたとき、


パっと見上、
複数のキットパーツを組み合わせれば 出来上がる:

ように見えるよう、パーツ自作は排除、
すべて市販のキットパーツ、デコパーツのみで構成しています。





0929hb334



つづく。






FC2ブログランキング 参加中です。。
お急ぎでなければ 1クリック 応援お願いします。。。



0511qb04

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply