AMD akirax modeling dept.

キャラモノ中心の模型製作blog。 愉しいミキシングモデリング推奨中。

MSA-0011激闘の記録:リアルEx-S&P303E完遂に向けて




180530arx01

最新MG誌:P303E特集 拝読。

愛されてていいなぁ MSA-0011。



1998-1990当時
可変式キット発売など夢だった時代から


2002-2003当時
MGキット発売は夢見た完全変形が手許に届く
驚愕の事件だったのでそれはもう
猿のように製作。



200302msg01d

1作目
MSA-0011
夢の具現化 3機分離合体式
2003年完成

200302msg01c

200302msg01

巨大な頭部は3枚に下して小型化
額は青、胸部に斜めマーキングが
今観ると恥い。



200407msg02c

2作目
MSA-0011[Ext]
こちらもGクルーザー可変式
2004年完成

200407msg02d

200407msg02b

額は白にして
頬のインテークは0.3mmプラ版で置換
製作自体に力尽き、配色に遊びがない。
Gコアのみ現存。



201709msg03b

3作目
MSA-0011[Bst]PLAN503k
やりたかった肩ブロック大型化と
脚部ブースターに換装した
ハミングバード形態
2017年完成

201709msg03c



センチネル30周年機会にコレを完成させ
完結した気分のところに
P303E発売の報。

やらざるを得ないwww



201805msg11

4作目
MSA-0011[Bst]PLAN303E
基本的には設定遵守で製作進行中
4本の増槽タンク換装&カラーリングで遊び
2018年完成予定。



2019年リアルEx-S製作に
つづく。

FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援願います。

0511qb04


テーマ:写真日記 - ジャンル:趣味・実用

宇宙世紀 |

MSA-0011[Bst]P303E: 展示台刷新と増槽置換







静岡でもいくつか完成品を拝見できた
P303Eについて。


おそらく
2014年発売
MSA-0011Bst開発時見渡しの甘さが影響して
格好悪い点が2つある。

・プロペラントタンク
・展示固定台





結構な重量物を設置維持する台座を
プラ成型で賄うため既に不恰好であることに加え
P303Eは大砲が載った結果
元画稿より上を向いた姿勢になってしまった。


2003カトキ画稿verGFF

180520pb2


2018MG見本画像

180520pb3


胸部増加ユニット
上面のライン差がわかりやすいかと。
2018MG版はほぼ水平になってしまっており
静岡展示完成品は概ねやや後ろに体重がかかってしまっていた。

こういう機体は前のめりじゃないと。




180521xc1

てことで
1/220カトキ版ビグザム製作で覚えた
M8ボルト&ナットで保持する方式に変更。
重量物は基礎工事が大事。

展示台ブラックボード 600mm×200mm ¥1000
M8ボルト&ナット 各¥200

P303E側下部に固定するナットに対し
腰部接続ユニットを3度ほど前方へ傾けて接着。



180521xc2

プロペラントタンクは
OJT的に新人にでも設計させたのか?
と思うほど素人臭い形状、スジ彫りの太さ、だらしなさ。

魚肉ソーセージか、ヤル気のない男性自身かのような。。



こういうのは太く逞しく立派なほうが良いのと
近い年代なら共通部材だろ。


180521xc3

てことで
RX-0-FAユニコーンから転用。


180521xc4

接続基部にFA版基部ユニットを埋め込んで。


180521xc5

接続。

180521xc6

格安中古shopでパーツ確保 ¥4000


180521xc7

次は脚部ブースター&タンクへ
つづく。


FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援願います。


0511qb04


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

宇宙世紀 |

2018静岡HS視察:千年王国の鷹と303Ex-Sガンダム






180512shs4

1/144ながら清潔感ある仕上げと展示演出でよかった
センチネル0079連作。


180519ghl1

厚手の透明アクリルフォトフレーム使用
白い台紙が清潔感を醸す。

180519ghl2

180519ghl4

180519ghl3


模型趣味は
本職の力量が多分に現れる。

ボール、グフ含めた並びがいいね。
センスが良いチョイス、デザイナーっぽいな。



180519ghl5

これは粋でよかった
サンダーボルト版サイコ・ザクに
MSV版サイコミュ試験型ザクを被せ立体化。
素晴らしい。
アイディアと実現力 大事。



180519ghl6

そして
現在、世界最高峰のミレニアム・ファルコン
どろぼうひげさん製作PG

180519ghl7

180519ghl9

180519ghl8

いやはや美しい。
すでにファルコン製作は10機目 とのこと。

180519ghl10


180519ghl11

オレも作ろう。




180519ghl12

最後に
流石の仕上がり
NAOKI氏謹製P303E改装
MSA-0011Ex-Sを拝観して

180519ghl13

180519ghl14





SWハン・ソロを観て
PLAN303Eディープストライカー製作に戻ろう。


つづく。

FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援願います。

0511qb04



テーマ:写真日記 - ジャンル:趣味・実用

未分類 |

2018静岡HS視察:浅井真紀氏の子供達と聖戦士達





180517bs01

会場内
新製品試作を観るだけで大行列な
壽屋ブース。



各社競合で一大勢力と化した
美少女プラモ枠。



その根源は一人の奇才 浅井真紀氏に生み出された
可動素体達。





180517bs03

figma

180517bs02

女神装置

180517bs04

チトセリウム



これを素材として扱って
傑作が現出してくれることに期待。




今年の展示では
展示演出まで含めて
「alice」と

180517bs05


180517bs06

NAOKI氏「FSSファティマ」がよかった。




自棚がロボットプラモと美少女プラモばっかり
というのも如何なものかと思うので
皆様沼にはまるのもほどほどに・・・



180512shs3

そして
今年は展示演出が見事だった
みやっちさん&じゅんちゃん「ガレキの会」

180517db1

180517db2

180517db3

180517db4

なんと贅沢
WAVE謹製サーバインが4騎競作!


背景ボードとLED追加ライティングにより
画が美しい。



大人数で展示するブースより
少数精鋭で行う展示のほうが
演出、意図と結果が明快でいい。

ありがとうございました。



なにを素材としたところで
魅せ方、演出が大事。




銀河系最速のガラクタへ
つづく。


FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援願います。


0511qb04



テーマ:写真日記 - ジャンル:趣味・実用

未分類 |

2018静岡HS視察:エンゲージSR1とtype100 色気あるポージング






FRAMEOUT MODELING Booth。


同センチネル展示見たさに通い始めた静岡。
MH解禁でキャラ総合ブースに近づく。
今年も美麗作品多数展示に感謝。



180515vb1

1/100コアブースター
そろそろほしいな 純正キット。
嶋村氏作品。


180515vb2

1/100Gコアブースターエクステンデット
   さらっと於いてあるが
   超超絶作品。主宰Kuwa氏作
   最新MG:P303Eのブースター改修
        +連射型スマートガン
         +Gコア
   一般人が真似した場合、4万円超過コース。
   +高度工作技術を要す。
   再現難度レベルE

180515vb3




ロボット模型は素立ちが一番!
と、信じて疑わない勢が多いが
それはあくまで単体展示のハナシ。

5-10体と多くなる場合
皆同じ姿勢の素立ち展示では
ダークダックスや素人合唱団の様相と化してしまい
ちっとも格好良くない。



てことで
ポージングに力を入れた傑作2点。


180515vb4

永野版百式:type100

180515vb5

180515vb6

どうやら完全絶版らしいので
なんとかして入手しなければ。。

180515vb7

嶋村氏作品
塗装も美しい。



エンゲージSR1

180515vb8


射尾氏作品。
斜に構え右手で剣を杖にした
設定画ポーズ再現。

お見事。




プロのファッションモデルと同様
見映えを考慮した手足、指先、視線演出が凄く大事 
勉強になりました。




素立ちポーズ一辺倒は
思考停止。


「ichidaiji」をBGMに



より一層、ポーズが大事な
美少女案件に
つづく。

FC2ブログランキング 参加中。
お急ぎでなければ 1クリック 応援願います。

0511qb04


テーマ:写真日記 - ジャンル:趣味・実用

未分類 |
BACK | HOME | NEXT